日本で唯一のモントレー・ジャズ・フェスティバル!

MJFについて

  • HOME »
  • MJFについて

MJF(モントレージャズフェスティバル)とは

モントレージャズフェスティバルは、アメリカ・カリフォルニア州モントレーにて、9月中旬〜3日間に渡って開催される世界で最も歴史を持つジャズフェスティバルです。一流のアーティストはもちろん、話題の人気アーティストから新人まで、約500組のアーティストが観客を魅了しています。そんなモントレージャズフェスティバルは、世界三大ジャズフェスティバルの一つとして数えられています。

世界三大ジャズフェスティバル>

MJF(モントレージャズフェスティバル)in 能登について

モントレー ジャズ フェスティバル イン 能登は、1989年アメリカ カリフォルニア州 モントレー市と七尾市和倉温泉観光協会がジャズを通しての友好を目的にスタート しました。以来、世界中でただ1箇所本場以外で『モントレー ジャズ フェスティバル』 の名称の使用を許されたイベントとして継続し、今年2017年で第29回目を迎えます。 本フェスティバルの特徴として、本場米国の開催目的の一つに習い『ジャズの普及と教育』にも重点を置いています。

毎年本場モントレーから選抜された高校生によるビッグバンドが来日し、滞在中七尾市内を中心にホームステイ等で市民とのふれあい交流を実施しています。2006年度開講した「石川ジュニアジャズアカデミー」は、石川県内在住の小中高生でビッグバンドを編成し、毎週1回の練習と各地での演奏などの活動を行っています。 MJFin能登のステージに出演し、将来的に本場米国モントレージャズフェスティバルのステージに立つ事を目標に取り組んで います。これら地元石川県内や国内招聘の中高校生バンドと、モントレーからの高校生バンドとの交歓合同演奏などで演奏技術の向上や交流も図っています

また、2007年2月には、文化庁の支援を得て、全国のジュニアジャズ指導者や音楽関係者、ミュージシャンを集めての 「ジャズ・サミット・プレ大会」を開催し、ジャズ界の注目を集めました。「ジャズが薫る港町七尾」…ジャズで人が集まる町七尾として、年間を通じ2~3回のライブを主催、また七尾市内のライブスポットで行われるジャズ・ライブを支援する等、 本場モントレーに一歩でも近づくジャズ・フェスティバルにすると同時に、ジャズを通しての町づくり・教育交流事業が着実に推進されています。

MJFの名称使用について

唯一「モントレージャズフェスティバル」の名称を使用することを許された本格的なジャズイベント

1989年4月2日、Monterey Jazz Fastivalと日本国内における開催について、 調印・契約しました。
(左写真:調印式の様子)

現在、MontereyJazz Festival の名称の使用が許されているジャズの祭典は、世界中でただ一箇所、石川県七尾市の『モントレー ジャズ フェスティバル イン 能登』だけとなっております。

お気軽にお問い合わせください TEL 0767-54-8820 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

MJF2018ポスター

PAGETOP